資格講座 エル・エー

宅建試験は過去問題をマスターすれば合格できる

 


詳細はこちら





宅建試験最短合格への「秘密兵器」


・勉強が嫌い、もしくは苦手な方
・仕事等が忙しくて勉強時間があまりとれない方
・すでに2回以上試験に落ちている方
は残念な結果にならないためにも最後まで
お読みになることをおすすめします。

はじめまして、私の名前は松村保誠と申します。松村保誠

大阪で宅建講座の講師をしています。

「過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法」

(同文舘出版刊)や

「松村保誠の宅建試験最短最速合格法」 (日本実業出版刊)

などの本を 執筆しておりますので、 宅建受験生の方なら、

「名前だけは知っている。」 という方もいらっしゃるかも

しれませんね。



詳細はこちら

短期間でしかも安全に合格したいなら知っておくべきある事実

まず、最初にあなたが宅建試験に短期間で合格するために絶対知っておかなければならない、

重要な事実をお伝えしたいと思います。

それは・・・・・・・・・・

宅建試験は過去問を完全にマスターすれば、それだけで合格できる試験であるということです。

あなたもきっと、宅建試験では過去問が重要であることはご存じだったことでしょう。

しかし、宅建試験において過去問は単に重要なだけではないのです。

過去問を完全にマスターすれば、それだけで充分、合格することができるのです。

宅建試験では選択肢レベルでの過去問からの重複出題率が約60%にも及びます。

また、宅建試験では4肢択一式という「勘だけで回答しても25%は得点できる。」非常に
正解しやすい出題形式が採用されています。

そのため、 過去問を完全にマスターすれば、7割という合格ラインを大きく上回る8割程度は得点することが可能となり、それだけで充分、合格することができると 言えるわけです。

ですから、あなたがもし宅建試験にできるだけ短時間で、しかも、少ない労力で合格したいとお考えなら 「過去問を完全にマスターすること」だけに集中して下さい。

それさえできれば、あなたは間違いなく宅建試験に短期合格することができます。

逆にそれができなければ、短期合格することは難しくなります。

それどころか、なかなか合格できずにドロップアウトしてしまう可能性も高くなってしまいます。

非常に重要な話なので、しっかりと肝に銘じて下さいね。


詳細はこちら